加治 隆介

加治隆介の議(漫画)の主人公。読みは「かじ りゅうすけ」。別称、隆介。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
加治隆介の議(漫画)
正式名称
加治 隆介
ふりがな
かじ りゅうすけ
別称
隆介
別称
隆介さん

総合スレッド

加治 隆介(加治隆介の議)の総合スレッド
2016.09.01 15:32

概要

鹿児島県出身。鹿児島ラサール高校、東京大学文Ⅰ(法学部)から、東京の商社、丸講物産の課長として活躍しており、愛人の一ノ関鮎美も同社員だった。父は民主政和党(民政党)の大物政治家である加治元春で、兄の加治春彦や谷崎健吾などがその秘書を務めていた。

父と兄を交通事故で失い、隆介は父の後継として政界への進出を打診されるが、元春が光田工業事件で賄賂性の高い金を受け取ったのではないかという疑惑など、政治家に対する不信があり、一度は固辞する。しかし、後援会幹事長の山本らの説得や父の政治信条や後継者へ遺した思いなどに触れ、政治家を志す決意を固める。

父と兄が交通事故にあった時期、妻の由起子は長男一明の鹿児島ラサール中学進学に伴って、鹿児島に在住していた。隆介は、鹿児島1区から立候補して政界の道を進んでいく。外務省官僚の倉地潤、大日新聞の大森洋二郎とは、東京大学ラグビー部同期で親友。

登場作品

加治隆介は、丸講物産に勤務するサラリーマンだったが、大物政治家である衆議院議員の父、加治元春とその秘書の兄、加治春彦を交通事故で失い、後継者として政界への進出を打診される。一度は固辞した隆介だったが、...