加納

戦国自衛隊(漫画)の登場人物。読みは「かのう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
戦国自衛隊(漫画)
正式名称
加納
ふりがな
かのう

総合スレッド

加納(戦国自衛隊)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

自衛隊所属の一士。父親が骨董好きで、戻った時のために武器や鎧を収集している。歴史に詳しく、戦略を練る際に戦史を持ち出し提言する。当時の様々な戦法を知っており、自分たちの隊でも運用した。織田信長と同じ安土に築城を考え始めた時、斎藤道三がこの世界に存在せず、結果、織田信長も木下藤吉郎も歴史の上で必要がないことに気づき、この世界でやりたい放題やっても許されるのではないかと考える。

登場作品

自衛隊の大演習中、新潟県と富山県の県境を流れる境川河口の野戦補給所で、巨大な地震が発生。伊庭義明三等陸尉たちの部隊は、物資や銃器とともにタイムスリップに巻き込まれてしまう。気がつくと、そこは合戦のまっ...