加藤 三郎

加藤 三郎

宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)の登場人物。読みは「かとう さぶろう」。別称、加藤。

登場作品
宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)
正式名称
加藤 三郎
ふりがな
かとう さぶろう
別称
加藤
別称
航空隊長
関連商品
Amazon 楽天

概要

23歳。階級は二等宙尉。宇宙戦艦ヤマトの航空隊を指揮する航空隊長。コスモファルコンを愛機としている。元々、宇宙軍航空団のトップエースであり、その兄貴肌で隊をまとめあげている。髪型は坊主頭で、左眉に切り傷がある。ヤマトに乗り込む前、古代進がまだ整備の終わっていないコスモゼロを勝手に使ったため、当初は彼を認めようとしなかったが、やがて互いに信頼を置く間柄となる。

山本玲並びにその兄の山本明生(やまもと あきお)とは昔からの知り合いで、明生が戦死したあとに玲が航空隊を志願したときは、彼女を死なせまいとするあまり、その申し出を拒んだ。実家は寺で、艦内待機中でも精神修養のために般若心経を唱えることがある。

実家の父親とは折り合いがあまり良くなかったが、篠原弘樹の勧めもあり、超空間通信で父子の会話を交わし、わだかまりは解けた。戦闘でしばしば負傷し、医務室で原田真琴に手当されているうちに、やがて男女の仲へと発展していった。

登場作品

宇宙戦艦ヤマト2199

地球外知的生命体ガミラス人との戦争に敗れ、人類滅亡まであと1年に追い込まれた中、主人公の古代進をはじめとする宇宙戦艦ヤマトの乗組員が最後の希望を得るため、敵と戦いながら宇宙を進む姿を壮大なスケールで描... 関連ページ:宇宙戦艦ヤマト2199

SHARE
EC
Amazon
logo