加藤 清澄

グラップラー刃牙(漫画)の登場人物。読みは「かとう きよすみ」。

  • 加藤 清澄
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グラップラー刃牙(漫画)
正式名称
加藤 清澄
ふりがな
かとう きよすみ

総合スレッド

加藤 清澄(グラップラー刃牙)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

元は神心会の一員だったが、実戦的な空手を求めて闇世界へと身を投じる。選手権大会で友の末堂厚範馬刃牙に倒されたことから、刃牙打倒を誓い、地下闘技場のファイターになった。ルール無用のケンカ空手の使い手。一度は神心会を脱したものの愚地独歩を深く尊敬している。

打倒刃牙のため、神心会へと戻って再び愚地独歩の指導を受け、地下闘技場へと出場。

登場人物・キャラクター

我流の格闘術を使う男子高校生。実戦空手団体・神心会が開いたフルコンタクト(直接身体に打撃を当てる)系空手の日本一を決める選手権大会において、外部の人間であるにも関わらず優勝したことから、格闘家たちの注...
神心会門下の空手家。範馬刃牙の初対戦相手であり、選手権大会の決勝戦で刃牙と対峙した。水の入ったペットボトルを蹴りで両断、ベンチプレスで270キロを持ち上げ、裸足のダッシュで100メートル11秒を切ると...

関連キーワード

『グラップラー刃牙』に登場する施設。東京ドームの地下深くにあり、秘密を守れる一部の人間しか入れない。時には、格闘技界の現役選手が、通常ではあり得ない組み合わせで戦うドリームマッチの様相を呈することも。...
『グラップラー刃牙』に登場する空手団体。愚地独歩により創設された。直接の打撃を認めるフルコンタクトルールや、大会において広く門戸を開き、他流派からの参加を認める姿勢により実戦的な空手団体と見なされてい...

登場作品

世界観舞台は現代日本。格闘をテーマとした作品ではあるが、鍛錬を行わない暴力団員の花山薫や暴走族の柴千春、原始人のピクルなど格闘技を使わないキャラクターも多数登場。格闘漫画の枠に囚われない戦いが繰り広げ...