加藤 清澄

バキ(漫画)の登場人物。読みは「かとう きよすみ」。ドリアンとはライバル関係。

  • 加藤 清澄
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バキ(漫画)
正式名称
加藤 清澄
ふりがな
かとう きよすみ

総合スレッド

加藤 清澄(バキ)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

青年男性。空手家で、かつては神心会の一員だった。愚地独歩の弟子であったが、闇世界に身を投じてルール無用の空手を追求する。その実体は、手刀に見せかけた手の中にテグスを輪にした道具を忍ばせ、相手の耳を引っかけて身体から切り離すなど空手とは言い難い代物だった。凶器の併用によって破壊力を増した即効性重視の技術であり、同じ実戦性を追求する空手であっても愚地独歩が求める武道としての空手には遠く及ばない。

愚地独歩にとって空手は道だが、加藤にとって空手は道具だと公言するなど愚地独歩に反抗しているが、心の中では尊敬しているという複雑な関係。死刑囚との戦いにおいては、ドリアンに後れを取った愚地独歩の仇を討つべく戦う。

登場人物・キャラクター

壮年の男性。敗北を求めて日本へやってきた5人の死刑囚の1人。その巨体は異常なまでの耐久力を有しており、10分間の絞首刑でも死亡することなく脱獄に成功した。その後、日本へと渡り範馬刃牙たち地下闘技場の戦...
壮年の男性。実戦空手団体神心会を創始した人物で、地下闘技場の戦士でもある。素手で虎を倒すなどの武勇伝を持ち、尊敬を集めている空手家。禿頭で、範馬勇次郎との戦いで失った片眼に眼帯をした魁偉な風貌。「武の...

登場作品

地上最強を決めるトーナメントに優勝した範馬刃牙。刃牙や、その周囲の格闘家たちと戦うため、世界中から脱獄した死刑囚たちがやってくるようになった。格闘技のルールを完全に無視し、闇討ちや武器の使用に一切のた...