加賀山 楓

のんのんびより(漫画)の登場人物。読みは「かがやま かえで」。別称、駄菓子屋。

  • 加賀山 楓
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
のんのんびより(漫画)
正式名称
加賀山 楓
ふりがな
かがやま かえで
別称
駄菓子屋

総合スレッド

加賀山 楓(のんのんびより)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

旭丘分校」の卒業生の女性で20歳。宮内一穂を「先輩」と呼ぶ。実家が駄菓子屋なので、愛称も駄菓子屋で、「旭丘分校」の生徒の頃からそう呼ばれていた。駄菓子屋以外にも通販の取り寄せなども行っており、単行本に載った「キャラクターインタビュー」では、「これまで一番印象に残った通販の品物は?」という問いに、「蛍の母が注文した自動で動く掃除機」と答えている。

ラフな服装のことが多く、しゃべり方も男性的。スクーターで移動する。金銭に執着しがちで、金儲けの話や駄賃に弱い。中学生のとき、宮内ひかげに頼まれて乳児だったれんげの世話をし、それ以来れんげには母性的に振る舞う。れんげも彼女になついている。

登場人物・キャラクター

小学・中学合わせて生徒が5人しかいない「旭丘分校」に通う小学1年生の少女。髪は長いツインテールで、髪の色は薄い紫に描かれる。一人称は「ウチ」で、語尾に「のん」をつける。「にゃんぱす」という、意味不明の...
「旭丘分校」のただ一人の教師で24歳の女性。髪型はポニーテール。ひかげとれんげの姉(歳はそれぞれ離れている)。学校以外でも、子供たちの保護者として旅行などに付き添う。「旭丘分校」の生徒は学年が一人ずつ...

関連キーワード

『のんのんびより』の舞台となる学校。作品中で「旭丘」以外の地名などは、意図的にあいまいにされており、日本のどこかの「超のつく田舎」の学校、ということしか示されていない。校舎は、もう何十年も前に建てられ...

登場作品

東京で暮らしていた小学5年の少女、一条蛍は、両親の仕事の都合ですごく田舎にある街に引っ越す。彼女が通うことになった「旭丘分校」は、彼女を含めて、小学校・中学校の生徒が5人しかいない学校だった。ユニーク...