勝 三四郎

おれとカネやん(漫画)の主人公。読みは「かつ さんしろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おれとカネやん(漫画)
正式名称
勝 三四郎
ふりがな
かつ さんしろう

総合スレッド

勝 三四郎(おれとカネやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

昭和33年4月5日に国鉄スワローズで投手の金田正一が対読売ジャイアンツ戦で長嶋茂雄を相手に4打席4三振を取った日に生まれ、金田正一の背番号が34番であることから、父・勝大吉三四郎と名付けられた。この父の影響から金田正一に憧れて野球を始め、買い与えられた『金田正一物語』を聖書のように読み、自身の境遇と重ね合わせて野球の才能を発揮する。

左投げ右打ちだったのを金田正一と同じく左打ちにする。墨東中野球部で活躍した頃から金田正一もその野球の才能を知り誠心高校野球部で甲子園大会出場を果たした高校1年で金田正一監督からドラフト指名を受け、ついにロッテに入団する。

登場人物・キャラクター

勝三四郎を翻弄するTVアイドル。

関連キーワード

『おれとカネやん』に登場する高校。墨田区指折りの野球強豪校で野球部部長・玉置伍郎の誘いに乗って、勝三四郎はこの高校に進学する。
『おれとカネやん』のグループ。野球好きの漫画家、海野はじめがオーナーの野球チーム。小学生の勝三四郎がたまたまボールを投げ返したことで、下町スターズのリリーフとして参加することになった。
勝三四郎と父勝大吉が野球の練習場を探していたときに見かけた古本の山から父が買い与えた本。以後、勝三四郎の聖書となる。

登場作品

背番号34番の大投手・金田正一が長嶋茂雄から4打席4三振を取った日に生まれた勝三四郎は、父・勝大吉の指導や母に支えられながら、野球選手として成長していく。ライバルとの試合や困難を乗り越えた勝三四郎は、...