北小路 環

はいからさんが通る(テレビアニメ)の登場人物。読みは「きたこうじ たまき」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
はいからさんが通る(テレビアニメ)
正式名称
北小路 環
ふりがな
きたこうじ たまき

総合スレッド

北小路 環(はいからさんが通る)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

花村紅緒の幼馴染の華族令嬢。同じ女学校の跡無女学館で学ぶクラスメイトであり、成績優秀な才媛。進歩的な女権論者でもあり、自分の意思で自立する女性を目指している。花村紅緒の許婚伊集院忍に密かに想いを寄せていた。

女学校卒業後は、雑誌社の女性記者となる。

登場人物・キャラクター

薩摩武士出身の華族伊集院伯爵の孫であり、花村紅緒の許婚。母親がドイツ人のために金髪を持つ、陸軍少尉。華族出身のエリート将校ながら、部下思いで気さくな性格。互いの祖父母達が決めた縁談ながらも、快活な花村...
大正時代の東京に暮らす17歳の女学生。陸軍将校である父の花村少佐と暮らし、女学校の跡無女学館に在籍。意思が強く、お転婆な性格。剣道の嗜みがあり、陸軍将校である許婚の伊集院忍とも互角に打ち合える腕前。英...

関連キーワード

『はいからさんが通る』に登場する学校。花村紅緒が通う女学校。その幼馴染の北小路環も在籍している。卒業間際になった花村紅緒は、財産を親戚に騙し取られた伊集院家の家計を助けるために出版社の冗談社に就職し、...

登場作品

大正七年の東京、17歳の女学生花村紅緒は祖父母の代に決まった許婚として、陸軍将校の伊集院忍を紹介された。自分の意思を無視した縁談話に反発する花村紅緒だったが、屈託の無い好青年である伊集院忍に徐々に惹か...