北斗里

闘魔伝(漫画)の登場人物。読みは「ほくとさと」。闘魔とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
闘魔伝(漫画)
正式名称
北斗里
ふりがな
ほくとさと

総合スレッド

北斗里(闘魔伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

努力と精進の力士として知られる西の正横綱。本場所の土俵上で非礼な態度を取る闘魔神に激高し、得意のぶちかましを見舞うが、闘魔神には通じず、顔面を土俵に叩きつけられた。この敗北後、北海道にて山篭りしながら猛稽古を行い、ヒグマを倒すほどの力を付けた後に闘魔神との再戦に挑んだ。

登場人物・キャラクター

日本書紀に登場する当麻蹴速の技と伝えられる蹴速相撲の使い手。若干18歳ながら、鋼のような肉体と飽くなき闘争心を持つ。強者との闘いを求め、大相撲の世界に殴り込み、数々の力士を叩き伏せていく。父である闘魔...

登場作品

昭和51年、奈良・葛城山中で人知れず行われた大一番。それは、角界の至宝双葉花と、当麻蹴速の技を受け継ぐ異端の力士闘魔神〈先代〉との、二千年の歴史を背負った闘いであった。死力を尽くした闘いの末、勝利を得...