北村 純

裸足でバラを踏め(漫画)の主人公。読みは「きたむら すみ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
裸足でバラを踏め(漫画)
正式名称
北村 純
ふりがな
きたむら すみ

総合スレッド

北村 純(裸足でバラを踏め)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

兄の借金を返すため金の工面をするべく町に出たところを芦田財閥の御曹司芦田蒼一郎に出会い、跡取りになるため形式上の妻を探していた蒼一郎と、金のためにかりそめの夫婦になることを了承する。蒼一郎の屋敷で暮らすようになり、社交界デビューなどに戸惑うが、生来の明るい性格が屋敷の使用人や蒼一郎すらも感化していき、やがて蒼一郎とはお互い素直になれないながら相思相愛の関係となる。

しかし、蒼一郎の友人である伊集院財閥の伊集院望と出会ってからは、彼の偏執的な愛情を向けられる。やがて望に失脚させられ、病に倒れた蒼一郎を救うため望と結婚することになるが、復活した蒼一郎に助け出され、正式に結ばれる。平民の出と自身も周囲も思っていたが、実は幼少時に誘拐されて以来、行方不明になっていた伊集院財閥の娘であり、望の実妹でもある。

登場作品

だらしない性格の兄が拾ってくる子供たちを、貧乏ながら育てていた北村純は、借金取りから逃れるため大金を必要としていた。自分の体を売って金を作ろうとしていた純の前に芦田物産の御曹司芦田蒼一郎が現れ、愛のな...