北条 時頼

北条時宗(漫画)の主人公。読みは「ほうじょう ときより」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北条時宗(漫画)
正式名称
北条 時頼
ふりがな
ほうじょう ときより

総合スレッド

北条 時頼(北条時宗)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

『北条時宗』の主人公の1人。実在の武将・北条時頼がモデル。18歳にして鎌倉幕府第5代執権に就任する。若くして胆力と人格に優れ、御家人達の心を摑む。北条光時、次いで三浦泰村らの謀反を退ける。三浦氏との宝治合戦でこの世の地獄を目にしてから、二度と争いの起こらない世にする事を決意。また謝太郎から世界の情勢を聞き、蒙古の脅威を知る。

病に伏した後、妻・涼子の義兄・北条長時に執権職を譲り、出家して道崇と名乗る。その後北条時宗を連れて全国を行脚し、津軽の安藤五郎、肥前松浦党の棟梁・佐志房らと義兄弟の契りを結んで海防を強化するなど、蒙古襲来に備え治世に尽くす。

登場作品

鎌倉時代。若くして執権となった北条時頼は、反執権派の北条光時、三浦泰村らとの権力争いの渦中にいた。ある日、宋との貿易を一手に引き受ける商人、謝国名の息子・謝太郎に出会い、彼によって蒙古の脅威を知る。宝...