北森 要一郎

電波オデッセイ(漫画)の登場人物。読みは「きたもり よういちろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
電波オデッセイ(漫画)
正式名称
北森 要一郎
ふりがな
きたもり よういちろう

総合スレッド

北森 要一郎(電波オデッセイ)の総合スレッド
2016.10.07 14:21

概要

メガネをかけた少年。生真面目な学級委員。小学生の頃から幼なじみの原純子の団地のすぐ下の階に住んでおり、不登校気味だった彼女に全教科のノートをコピーして渡していた。純子がオデッセイの電波を聞いて突然明るくなったことを知り、病気ではないかと心配する。ドキュメンタリーが好きで、ビデオに録って純子に貸している。時折学校で人間関係に悩み、「人外魔境」という言葉でモヤモヤを表現する。

野川美千代が好きでいつも見守っているが、その行動は純子から「ストーカー」と称されていた。野川が落ち込んでいた時、「ODYSSEY」を名乗って励ましの手紙を送り、以降少しずつ彼女と接触を持つよう頑張っている。勉強しか取り柄がないためコンプレックスが強く挫折も多いが、純子からはずっと応援されている。

登場作品

一人暮らしの中学生の原純子は、学校に行かず日々「死にたい」と願っていた。幼なじみの北森要一郎が毎日訪れても、彼女は全く元気にならない。ある日、純子の目の前に、幻影のような青年オデッセイが現れた。彼は純...