北海の無法虎

北海の無法虎

釘師サブやん(漫画)の登場人物。読みは「ほっかいのむほうとら」。サブやんとはライバル関係。

登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
北海の無法虎
ふりがな
ほっかいのむほうとら
関連商品
Amazon 楽天

概要

北海道の早打ちの名人でパチプロ。右目に眼帯を付けたひげ面の男。スプートニク1号という秘打を持つが、サブやん玉ふぶきに敗れた。寝込んだ師匠のため現金が必要となり、自らのパチプロの腕を全日本競指に売り出す。このとき秘打暗闇二段打ちで、目隠ししたまま2個の玉を打って、いずれも穴に入れている。

関連人物・キャラクター

サブやん

第一ホールの専属釘師。関西弁を話す、そばかすだらけの男。赤ん坊の頃、両親がおたふく風邪にかかって死んだため、祖母に育てられた。成長後、祖母が死んだため上京。釘師の神さまと呼ばれる根岸佐助と出会い、釘師... 関連ページ:サブやん

登場作品

釘師サブやん

昭和30年代。渋谷のパチンコ店第一ホールで、茜三郎ことサブやんは、パチンコ台の釘の傾きを調整する釘師をしていた。そんなある日、パチプロ・美球一心が来店。サブやんが釘を締めて玉を出なくしていたパチンコ台... 関連ページ:釘師サブやん

SHARE
EC
Amazon
logo