• 餓狼伝 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 北辰会館

北辰会館

北辰会館

餓狼伝(漫画)に登場する空手の流派。読みは「ほくしんかいかん」。

登場作品
餓狼伝(漫画)
正式名称
北辰会館
ふりがな
ほくしんかいかん
関連商品
Amazon 楽天

概要

会長・松尾象山が一代で作り上げ、地上最強を謳う集団。実戦的な武術の稽古をしている。しかし、主催する全日本空手道オープントーナメントでは、他流の武術に押されがちになってしまった。

関連キーワード

全日本空手道オープントーナメント

『餓狼伝』に登場するイベント。北辰会館が主催する空手のトーナメント式の格闘大会で、最高審判を会長の松尾象山が務める。他流の参加も認めており、レスラーやサンボの達人など様々な格闘家が集う。優勝者には松尾... 関連ページ:全日本空手道オープントーナメント

FAW

『餓狼伝』に登場する団体。社長・グレート巽を筆頭に、鞍馬彦一や長田弘などが所属するプロレスラー団体。北辰会が行った全日本空手道オープントーナメントに対抗して、異種格闘技大会を企画した。 関連ページ:FAW

登場作品

餓狼伝

ただひたすらに強さを追い求め、多くの格闘家に勝負を挑み続ける丹波文七は、ある日プロレス道場FAWに殴り込みをかけるも所属レスラー・梶原年男により返り討ちにあってしまう。それから三年、丹波は自らを更に鍛... 関連ページ:餓狼伝

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
登場作品
logo