北野 太一

北野 太一

空のキャンバス(漫画)の主人公。読みは「きたの たいち」。別称、こぶだらけのヒーロー。

登場作品
空のキャンバス(漫画)
正式名称
北野 太一
ふりがな
きたの たいち
別称
こぶだらけのヒーロー
関連商品
Amazon 楽天

概要

明るくて天真爛漫だが、負けず嫌いの努力家。そしてちょっぴりスケベ。子供のころ、「あいつ」と呼んでいた少年との「男と男の約束」を守るために、清流体操クラブに入り、赤城榛名の家に下宿する。橋から落ちた「あいつ」をかばうため木の切り株に背中を打ち、破片で神経を損傷して全身麻痺になるが、「あいつ」との約束を果たすため、リハビリによって体操競技ができるまでに回復した。

だが、星状の傷の奥にある破片は今も神経に残っており、それが何度となく彼を苦しめる。後に全日本ジュニアの強化選手に選ばれるも、合宿中に古傷が再発してしまう。しかも、成功率30%の外科手術は成功するが、記憶喪失になってしまった。元体操選手で現在はスポーツ記者の鳴海の特訓によって体操選手として復活し、オランダのロッテンダムで行われた体操競技世界選手権に参加。

団体では銀メダルに終わるが、個人戦では後方伸身3回ひねりという難易度の高い技を決めて金メダルに輝いた。赤城榛名のことが好きだが、彼女が「あいつ」であることは世界大会直前まで気づかずにいた。

関連人物・キャラクター

赤城榛名

体操の日本女子ジュニアチャンピオンで、ポニーテールの勝ち気な少女。子供のころに出会い、橋から落ちた自分を助けてくれた「こぶだらけのヒーロー」をずっと想い続けている。その一方、下宿生として家に転がり込ん... 関連ページ:赤城榛名

関連キーワード

木駄町

幼少時に北野太一や赤城榛名、賢苦労や五十嵐俊らが住んでいた町。太一が榛名をかばった際に突き刺さった木の切り株は、後に撤去された。背中の神経の手術の後遺症で一時的に記憶喪失になった太一は、鳴海コーチに連... 関連ページ:木駄町

後方伸身三回宙返り三回ひねり

『空のキャンバス』で披露された体操の技。かつて鳴海が挑戦するが失敗し、半身不随の重傷を負った。のちに第24回体操競技世界選手権で北野太一が成功させた。ちなみに現実の体操競技では、未だにこの技は披露され... 関連ページ:後方伸身三回宙返り三回ひねり

登場作品

空のキャンバス

子供のころ、主人公北野太一は見事な月面宙返りをしてみせた少年に負けまいと特訓に明け暮れていた。しかし、ライバルと見込んだその少年が橋から落ちたのを助けた際に、背中に大ケガを負ってしまう。少年が実は赤城... 関連ページ:空のキャンバス

SHARE
EC
Amazon
logo