十四番目

十四番目

D.Gray-man(漫画)の登場人物。読みは「じゅうよんばんめ」。

登場作品
D.Gray-man(漫画)
正式名称
十四番目
ふりがな
じゅうよんばんめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『D.Gray-man』の登場人物で、「ノアの一族」のひとりだが裏切ったため一族から抹殺された存在。一族の14番目にあたるためそう呼ばれるが、一族には13人しかいないとされている。「ノアの方舟」を操縦する「奏者」としての能力を人間に与えたとされ、その相手がアレン・ウォーカーティムキャンピー、そしてクロス・マリアンだといわれている。

関連キーワード

ノアの一族

『D.Gray-man』に登場する、千年伯爵を筆頭とする世界を終焉に導く者たちのこと。『旧約聖書』の「創世記」に登場する、大洪水を生き延びた「ノア」の子供たちで、それぞれがノアの記憶や感情を受け継いでいる。髪の毛や帽子で隠れていることはあるが、基本的に皆額に真横に横切る手術痕のような傷跡がある。

登場作品

D.Gray-man

「仮想19世紀」の時代設定で、世界を終焉に導こうとする「千年伯爵」と「ノアの一族」、それを防ぐために設立された黒の教団と呼ばれる組織による世界規模の戦いを描いた作品。作者にとって初の長編連載作品で、『... 関連ページ:D.Gray-man

SHARE
EC
Amazon
logo