十夜

妖しのセレス(テレビアニメ)の登場人物。読みは「とおや」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
妖しのセレス(テレビアニメ)
正式名称
十夜
ふりがな
とおや

総合スレッド

十夜(妖しのセレス)の総合スレッド
2016.03.22 15:52

概要

赤い髪の青年だが、記憶喪失である。しかし、「御景」という名前を憶えていたため、自ら御景財閥に身を寄せた。御景財閥の若き当主御景各臣の命により「天女の捕獲」「天女の監視」という仕事により御景妖に幾度となく接触する。

このとの出会いで彼女の心や愛情に触れ、を愛するようになっていく。彼の正体は、天女であるセレスを妻にした御景の始祖が海に投げ捨てた「羽衣」で、その「羽衣」から微生物によって形成された特異体質の人間であった。

幼い頃、海で見たに会うために東京に出てきたが、交通事故に遭い記憶をなくす。しかし、その時に覚えていた言葉が「十夜」と「御景」であったため、自ら御景財閥に近づいた。

登場作品

女子高生御景妖は双子の兄御景明と共に16歳の誕生日を迎えた。16歳の誕生日には、御景一族の慣例に従い家族4人で本家に出向くことになっている。御景本家に呼ばれた妖とその家族は、先祖代々から伝わるという手...