十文字 元

十文字 元

酔いどれ探偵 鉄面クロス(漫画)の主人公。読みは「ともんじ げん」。

登場作品
酔いどれ探偵 鉄面クロス(漫画)
正式名称
十文字 元
ふりがな
ともんじ げん
関連商品
Amazon 楽天

概要

いつも酔っぱらっていて、口にはゲソを咥えている。ただし、その顔は特殊なマスクで、素顔は金属製の仮面に覆われている。上半身や腕にも金属製の装甲がある。安アパートの一室で独り暮らし。部屋は酒の空きビンなどゴミだらけ。私立探偵だが稼ぎは悪く、おでんの屋台を引くこともある。「十文字探偵事務所」の看板は、来々軒の店先にぶら下がっている。

かつては警察学校を優秀な成績で卒業し、柔道・空手合わせて七段を持ち、警視庁捜査第二課で最年少の敏腕刑事だった。半年前、怪盗鉄面クロスを追跡中事故に遭い、半年間行方不明の後にふらりと戻ってきた。ところが無気力になっていて、すぐに退職して私立探偵を開業。

その事故は鉄面クロスの仕業で、意識を失っていた間に特殊な針が仕込まれた鉄面を装着された。鉄面クロスの身代わりにされるところを、クロスの予想より早く目覚め、武道の師・修羅大道の家に隠れた。そこで、神月信次に精巧な人面マスクを作ってもらって帰還。探偵として鉄面クロスだけを追って張り込み、ついに直接対決で倒した。

その正体を知った十文字は、やりきれない思いを胸に、酔いどれ探偵を続けている。

登場作品

酔いどれ探偵 鉄面クロス

十文字元は元刑事の私立探偵。怪盗鉄面クロスに外すことのできない鉄面を被せられ、生身の顔を失った。様々な事件を特殊マスクによる変装を利用して解決しながら、人々が顔の下に隠している闇を思う。 関連ページ:酔いどれ探偵 鉄面クロス

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
十文字 剛
ミチ
神月 信次
黄金の破壊者
鈴原
場所
来々軒
logo