十方傷の与三郎

十方傷の与三郎

黒い風(漫画)の登場人物。読みは「じっぽうきずのよさぶろう」。

登場作品
黒い風(漫画)
正式名称
十方傷の与三郎
ふりがな
じっぽうきずのよさぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

全身に十字傷のある忍者。十三人衆の一人。新しい十方手裏剣術を編み出すためにつけた全身の傷と、編み出した手裏剣術が破られていないのが自慢。水中に投げ込んだ十方手裏剣が相手の背後から飛び出して襲いかかるなど、十方手裏剣を自在に操る。黒い風に十方手裏剣の動きを読まれて術は破られた。接近戦は強くない。

登場作品

黒い風

豊臣方の残党の忍者黒い風は、黒太夫の命で新式鉄砲の設計図をアジトに持ち帰る途中、徳川方の忍者に襲われ記憶喪失となる。山中で暮らすこずえの看病を受けたが、現れた追手を体に染みついた忍術で撃退。さらに近寄... 関連ページ:黒い風

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
小月 風乃進
こずえ
おとうさん
逆巻 小二郎
黒太夫
徳川 家康
かわらの十兵衛
集団・組織
十三人衆
その他キーワード
新式鉄砲
logo