十王庁

闇の末裔(漫画)に登場する機関の名前。読みは「じゅうおうちょう」。

  • 十王庁
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
闇の末裔(漫画)
正式名称
十王庁
ふりがな
じゅうおうちょう

総合スレッド

十王庁(闇の末裔)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

死後の世界といわれる冥府で、死者の生前の罪業を裁く機関。その中でも閻魔庁は閻魔大王が治める十王庁の筆頭。都筑麻斗が勤めるのは閻魔庁の中の召喚課で、裁判に関する様々なトラブルを専門に扱う部署。召喚課の職員は18名で「死神」と呼ばれ、地位は高いが給料は安い。

登場作品

冥府にある十王庁では死者の生前の罪業を裁いていた。その中の閻魔庁、召喚課では裁判に関する様々なトラブルを扱う部署。仕事は基本、死者を召喚する事からそこで働くものは「死神」と呼ばれる。都筑麻斗は九州地区...