十鬼蛇 王馬

ケンガンアシュラ(漫画)の主人公。読みは「ときた おうま」。

  • 十鬼蛇 王馬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ケンガンアシュラ(漫画)
正式名称
十鬼蛇 王馬
ふりがな
ときた おうま

総合スレッド

十鬼蛇 王馬(ケンガンアシュラ)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

謎の日本人格闘家。身長182cm、体重85kg、推定20代後半ほどの男性。特技は、猪を自分で殺して食うなどの自給自足。赤子の頃に捨て落とされた孤児であり、少年時代に出会った十鬼蛇二虎から二虎流の技を受け継いでいる。乃木グループの闘技者である駒田茂をストリートファイトで一蹴し、乃木グループの闘技者となった。

また、そのストリートファイトを目撃していた山下一夫が彼の世話係となっている。企業間で行われる賭け仕合、「拳願仕合」に参戦するが、その闘技者としてはウェイトが低い方で、初見では「優男」とみなされることもある。打撃・防御・関節技・歩法などを含む二虎流の多彩な技の他、「前借り」という、自身を代償にして一時的なパワーアップを行う技を用いる。

「野生の闘争本能」と「緻密な戦略」のふたつを併せ持ち、自分が「最強」となることを疑わない、自らの強さに絶対の信頼を持った格闘家である。通り名は「阿修羅」。

関連キーワード

『ケンガンアシュラ』に登場する組織。拳願絶命トーナメントの参加権を得るために、山下一夫を社長として急遽設立された企業。社名も業種も乃木英樹が適当に決めている。創業から短期間で拳願会の会員にのし上がった...
『ケンガンアシュラ』に登場する組織。山下一夫が勤務する乃木出版の親会社で、乃木英樹を会長とする。乃木商事を中心とした企業グループであり、創業は慶安2年に遡る。商人同士の勝負法、「拳願仕合」の組合員を江...
『ケンガンアシュラ』の用語。主人公、十鬼蛇王馬が身に付けている架空の武術の流派名。外部には、王馬の師である十鬼蛇二虎の一代限りの流派として知られている。流派の体系としては、身体と力の操作を行う「操流ノ...

登場作品

サラリーマン・山下一夫は、ある夜の街中でストリートファイトを目撃する。それは謎の格闘家、十鬼蛇王馬との出会いであり、企業同士が巨額の利益を賭けて格闘家たちを闘わせる「拳願仕合」の舞台に足を踏み入れる予...