千利休

千利休

へうげもの(漫画)の登場人物。読みは「せんのりきゅう」。別称、千宗易。

登場作品
へうげもの(漫画)
正式名称
千利休
ふりがな
せんのりきゅう
別称
千宗易
別称
御茶頭殿
関連商品
Amazon 楽天

概要

天下人となった豊臣秀吉の筆頭茶頭を務める稀代のである茶人にして数寄者。徹底して虚飾を廃して簡素を極めたわびを至上の美としている。古田左介をはじめとする多くの戦国武将を弟子として抱えており、ストイックにわびを追求する姿勢からついた異名は茶聖。無欲な求道者のように見えるが実は野心家であり、わびで国中を染めた理想国家の成立を大望としている。

そのために、自分の主である秀吉に織田信長の暗殺を持ちかけるなど、戦国の世の陰で暗躍した。同時代の実在人物・千利休がモデルとなっている。

関連人物・キャラクター

古田左介

茶の湯と物欲に血道を上げる戦国武将。普段は明るく快活で穏やかだが、数寄の名物には異常ともいえる執着を見せ、狡猾で抜け目なく、野心的な一面を発揮。見初めた名物をかすめ取ろうとしたり、他人の弱みにつけ込ん... 関連ページ:古田左介

登場作品

へうげもの

時は戦国乱世。織田信長が今まさに天下を獲らんとするその陰で、茶の湯と物欲に魂を奪われたひとりの武将がいた。のちに数奇者として天下に名を轟かせる古田左介(後の古田織部)である。出世欲と物欲、ふたつの「欲... 関連ページ:へうげもの

SHARE
EC
Amazon
logo