千反田 える

千反田 える

氷菓(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ちたんだ える」。

登場作品
氷菓(テレビアニメ)
正式名称
千反田 える
ふりがな
ちたんだ える
関連商品
Amazon 楽天

概要

神山高校1年の女子生徒。福部里志曰く「桁上がりの四名家」の一つで、神山市内で強い影響力を持つ豪農・千反田家の娘。清楚を絵に描いたような容姿をしており、家柄もあって礼儀正しく立ち振舞も完璧。

その一方で瞳は大きく活発な印象を与えるものであり、興味を引かれることがあれば 「わたし、気になります!」の言葉とともにその瞳を輝かせるなど、度を越して好奇心旺盛な一面も持つ。インドで消息を断った伯父と幼少期に交わした会話を思い出すべく、その手がかりを探しに「一身上の都合」と称し、かつて伯父が在籍していた古典部へと入部、部長を務めている。

そこで折木奉太郎と出会い、彼の推理力に信頼を寄せるようになる。

無自覚ながらパーソナルスペースが狭く、事あるごとに奉太郎の至近距離へと興奮のあまりに踏み込んでは、彼を動揺させている。

関連人物・キャラクター

折木 奉太郎

神山高校1年の男子生徒。省エネ主義を掲げており、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」がモットー。そのためこれといった趣味もなく、部活動の活発な神山高校に在籍しながら... 関連ページ:折木 奉太郎

福部 里志

神山高校1年の男子生徒。飄々とした性格で減らず口な、折木奉太郎の中学時代からの親友。モットーは「ジョークは即興に限る、禍根を残せば嘘になる」。元々は手芸部および総務委員会に所属していたが、奉太郎が入部... 関連ページ:福部 里志

折木 奉太郎

神山高校1年の男子生徒。省エネ主義を掲げており、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」がモットー。そのためこれといった趣味もなく、部活動の活発な神山高校に在籍しながら... 関連ページ:折木 奉太郎

関連キーワード

神山高校

古典部

『氷菓』の登場組織。部活動がさかんな神山高校の中でも伝統ある文化系の部であるが、3年連続で入部者がなく廃部寸前となっていた。折木奉太郎の姉・折木供恵と千反田えるの伯父・関谷純も出身者であり、その影響の... 関連ページ:古典部

登場作品

氷菓

米澤穂信のミステリー小説群「〈古典部〉シリーズ」のアニメ化作品。既刊5編中、「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」「遠まわりする雛」の4編を時系列に沿って再構成し、映像化された。廃部寸前... 関連ページ:氷菓

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
折木 奉太郎
福部 里志
伊原 摩耶花
古典部
logo