千手姫

千手姫

BASARA(漫画)の登場人物。読みは「せんじゅひめ」。

登場作品
BASARA(漫画)
正式名称
千手姫
ふりがな
せんじゅひめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

四道の婚約者。見た目はおっとりしたお姫様な感じだが、四道の事になると一人雨の中出かけて、今すぐ結婚してくれと言う激しい一面も持っている。四道の死後は朱理の元に身を寄せていたが、朱理が都を追われた際に彼女の身にも危険が及び、その時救出した揚羽によってタタラ軍に行く事になる。

四道を殺したタタラ(更紗)を憎んでいたが、四道との間の子供を生み母となり次第にその気持ちに変化が生まれる。子供の名前は求道(もとみち)。

関連人物・キャラクター

更紗

運命の子供としてこの世に誕生した15歳の少女。更紗が運命の子であることを知っているのはナギや母の千草など限られた人のみで、更紗自身も自分が運命の子であることは知らず、双子の兄のタタラが運命の子であると... 関連ページ:更紗

四道

赤の王の従兄で腹心の部下。九州の守りを任されていて、普段は温厚で優しいが、一度戦になると仏の山を築くところから「仏の四道」の異名を持つ。王宮で育てられることが許されなかった朱理を四道の父が元服まで預か... 関連ページ:四道

登場作品

BASARA

20世紀末、地球は滅亡の危機を迎える。そして300年後に運命の子、タタラが誕生する。荒廃した日本を救い新しい国をつくるためタタラは戦う。第38回小学館漫画賞。 関連ページ:BASARA

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
更紗
朱理
揚羽
ハヤト
浅葱
ナギ
角じい
千草
茶々
四道
雷蔵
那智
錵山
logo