千手 計

ギャラリーフェイク(漫画)の登場人物。読みは「せんじゅ はかる」。

  • 千手 計
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギャラリーフェイク(漫画)
正式名称
千手 計
ふりがな
せんじゅ はかる

総合スレッド

千手 計(ギャラリーフェイク)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

クオーツ時計を嫌い、機械式時計にこだわる青年の職人(時計師)。天才的な精密時計制作能力を持つ。会員制の高級機械式時計専門店「千手堂」の店主。会員募集も兼ねて新宿で露天商も開いていたが(ただし料金はひとつ三百万円)、そこでサラ・ハリファが腕時計をひとつ小切手で購入したことで、藤田玲司が興味を持って交流が始まる。

「千手堂の男」が初登場。小柄でメガネをかけた美男子で、サラに好意を抱いている。実は「オイスター時計工業株式会社」社長の御曹司。スイスに修行のため留学していたが、帰国後、親の会社に入社せず「千手堂」を開店した。計を会社に入れたい父親が、仕事を続けられないような計略を仕掛けるが、藤田の提案で幻の複雑時計「マリー・アントワネット」を作れば店を続けられることとなり、サラの助けもあって完成させ、店は継続する。

その後も、精密腕時計1765モデルの制作や、からくり人形怪談の解決などで藤田に力を貸す。

登場人物・キャラクター

30代後半と見られる中年男。美術に関する尋常でない知識と人並み外れた観察力、そして神技に近い絵画修復技能を持つ。表向きは贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクの経営者で画商だが、裏では犯罪組織・闇...
藤田玲司の秘書(助手)。アラブQ国の王族の少女で、隣接するP国がQ国に侵攻して紛争となった際、家族は皆殺しにされ、屋敷に火を付けられた。その時失った絵が日本に渡っていることを知り、東京に来て藤田の助力...

登場作品

藤田玲司は、贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクのオーナー。彼は美術に関する尋常でない知識と観察力、そして天才的な絵画修復技能を持つ男だが、裏では闇社会と通じ、盗品などの正規に扱えない真作を法外...