千生将軍

千生将軍

超戦士ガンダム野郎(漫画)の登場メカ。読みは「せんなりしょうぐん」。

登場作品
超戦士ガンダム野郎(漫画)
正式名称
千生将軍
ふりがな
せんなりしょうぐん
関連商品
Amazon 楽天

概要

鯱をモチーフとした頭部が特徴のプラモデル。ザクレロとガンダムF-91をモデルとしており、両者の武器を装備している。狼馬の作り上げたガンキラーに対抗するため開発され、ヒロシによって運用されていたが、後に大河が使うこととなる。千生大将軍、さらに雷帝千生神将軍に強化されていき、ガンキラーを始めとした強敵を次々と撃破。

最終的には巨大な武者巨人である大光帝と融合し、千生大光帝に進化。圧倒的な力を誇る将軍Xをあと一歩のところまで追いつめた。

登場作品

超戦士ガンダム野郎

ガシャポン好きの少年、天地大河は川口名人の誘いを受けてG研に所属する。究極のガンダムを作り上げるというG研の目標に共鳴し、ガンダムのプラモデルに関する作成、操縦技術を磨いていく。その成長の過程で、G研... 関連ページ:超戦士ガンダム野郎

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo