千草 律子

千草 律子

めぞん一刻(漫画)の登場人物。読みは「ちぐさ りつこ」。音無 響子とは親族関係にある。

登場作品
めぞん一刻(漫画)
正式名称
千草 律子
ふりがな
ちぐさ りつこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

音無響子の母親。夫と違って独り身を続ける娘を再婚させようと考えており、相手として申し分ない三鷹瞬が娘に好意を持っていることを知ると、彼をバックアップするようになる。ただ、千草律子的には、再婚さえしてくれれば相手を選ばないようで、三鷹瞬がリタイアした後、娘の気持ちが五代裕作にあることを察すると、五代裕作との関係を後押しするようになった。

関連人物・キャラクター

音無 響子

一刻館に赴任してきた、二十代半ば(五代裕作より2歳年上)の美人管理人で、管理人室に居住している。トレードマークはヒヨコのロングエプロンと竹ぼうきで、五代裕作が出かけるときや帰宅する際には大抵(たとえ夜... 関連ページ:音無 響子

登場作品

めぞん一刻

一刻館に新管理人として赴任してきた音無響子は、古アパート一刻館には不似合いな美人だった。彼女にひと目惚れした住人の五代裕作は、そのハートを射止めようと様々なアプローチを開始する。だが、ほどんど進展のな... 関連ページ:めぞん一刻

SHARE
EC
Amazon
logo