南アフリカGP

赤いペガサス(漫画)に登場するF1GPレース。読みは「みなみあふりか・ぐらんぷり」。

  • 南アフリカGP
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
赤いペガサス(漫画)
正式名称
南アフリカGP
ふりがな
みなみあふりか・ぐらんぷり

総合スレッド

南アフリカGP(赤いペガサス)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

第3戦。サンダーボルト・エンジニアリングチームのマシンが、SV009からSV01に変更して臨んだGPレース。摂氏36度でのプラクティス(予選)第1セッションで、ケン・アカバのマシンが前走マシンのオイルに足を取られてスピン。

そのままコースアウトして炎上した。マシンは大破し、2日後の決勝レース出場は危ぶまれたが、地元の黒人の混血青年たちが手伝ってくれたおかげで、決勝レースになんとか間に合う。ただ、マシンの調子は万全ではなく、決勝レースでもトップと2周遅れ。このとき、ケンは混血青年が教えてくれた雨の降る時期を信じ、途中からレインタイヤに替えて走行。

これがうまくいき、トップとの差を詰めていくが、もうすぐゴールというところで事故になりリタイヤする。優勝者はジョディ・シェクター。

登場作品

天才ドライバーと讃えられたケン・アカバ(赤馬研)は、GTカー6時間耐久レースで善戦していたが、アクシデントにより車がコースアウト。近くにいた観客も含めて大事故となり、それ以降彼はレース界から遠ざかる。...