南光坊 天海

宗像教授伝奇考(漫画)の登場人物。読みは「なんこうぼう てんかい」。

  • 南光坊 天海
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
宗像教授伝奇考(漫画)
正式名称
南光坊 天海
ふりがな
なんこうぼう てんかい

総合スレッド

南光坊 天海(宗像教授伝奇考)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

『宗像教授伝奇考』の作中で使われる用語。天台宗の僧侶。徳川家康の側近として、徳川幕府の初期構想に参与した。前身は明智光秀だという説がある。宗像伝奇の仮説により、平将門を利用した、彼の壮大な計画が暴かれた。歴史上の実在の人物。

関連キーワード

『宗像教授伝奇考』の作中で使われる用語。平安時代中期の坂東の豪族。一族との抗争からの流れで、朝廷に叛旗を翻すも討伐された。宗像伝奇の仮説に、何度かかかわってくる。歴史上の実在の人物。

登場作品

製鉄技術を持った古代人がいかに世界に伝播したかを研究し、東亜文化大学で民俗学を教えている宗像伝奇教授は、各地の伝説や歴史を調査するフィールドワークで、さまざまな事件や騒動に遭遇。民俗学の知識と豊かな想...