南城 民江

父の魂(漫画)の登場人物。読みは「なんじょう たみえ」。波原豪、南城隼人とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
父の魂(漫画)
正式名称
南城 民江
ふりがな
なんじょう たみえ

総合スレッド

南城 民江(父の魂)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

主人公・南城隼人の母で巨人軍の波原豪選手の妹。波原が南城丈太郎に依頼したバットを届けるために会津若松から上京する。バットを受け取った後に波原が倒れたとの報せを受け、病院に急ぐ途中、交通事故で亡くなる。

登場人物・キャラクター

主人公・南城隼人の叔父。巨人軍所属のプロ野球選手。非凡な才能を持つが、肺病を患い24連続無安打のスランプに陥る。長い前髪とベルトに着けた鈴がトレードマーク。スランプ脱出のため、妹・民江の夫、南城丈太郎...
昭和25年会津若松で生まれ、3歳の時、父のバット工場移転のため東京に引っ越す。3歳にしてその眼光で長島茂雄を威圧する桁外れの闘志を持つ。また、5歳の時、中学生の王貞治に左打ちをアドバイスするなど、天性...

登場作品

昭和25年、非凡な才能を持つプロ野球選手・波原豪は肺病のため成績不振に陥っていた。波原はスランプ脱出のため、妹・南城民子の夫であるバット作りの名人・南城丈太郎にバットを注文する。民子は息子・隼人を連れ...