南斗五車星

北斗の拳(漫画)に登場する役職で、南斗最後の将を守る役目を持つ五人の拳法家のこと。読みは「なんとごしゃせい」。

  • 南斗五車星
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
南斗五車星
ふりがな
なんとごしゃせい

総合スレッド

南斗五車星(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

作中ではヒューイシュレンジュウザフドウリハクがこれに当たる。五つの星が円形に並んだ刺青をしており、これを通して仲間の動静が伝わる模様。それぞれが独自の軍団を率いており、有事には南斗最後の将の敵に立ち向かう。

関連キーワード

『北斗の拳』に登場する拳法。北斗神拳が秘孔を突いて身体を内部から破壊するのに対し、南斗聖拳は身体の外部から攻撃を加えて破壊するという対照的な原理を持つ。北斗神拳は一子相伝の暗殺拳だが、南斗聖拳は多数の...

登場作品

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが...