南斗五車星

北斗の拳(テレビアニメ)に登場する集団。読みは「なんとごしゃせい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(テレビアニメ)
正式名称
南斗五車星
ふりがな
なんとごしゃせい

総合スレッド

南斗五車星(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

南斗最後の将のために戦う5つの軍勢。各軍は1つずつ自然のシンボルを掲げている。風のヒューイ炎のシュレン山のフドウ雲のジュウザ海のリハクがそれぞれの長。

登場人物・キャラクター

南斗最後の将直属の護衛軍団長南斗五車星の1人。雲のシンボルを司り、何者にも縛られない自由な暮らしを謳歌していた。はじめは南斗最後の将の要請を断り続けていたが、その素性を知って考えを翻し、拳王軍の侵攻を...
もとは北斗神拳と対をなす南斗聖拳の将を守る軍団長だった。当時の異名は海のリハク。ケンシロウが去った後、成長したバットとリンの率いるレジスタンスで後見人のような立場について2人を見守り、アドバイスを与え...
南斗最後の将直属の護衛軍団長南斗五車星の1人。風のシンボルを司り、偵察や敵のおびき出しを主な役割とする。拳王軍の侵攻を足止めするためラオウへ挑む。
南斗最後の将直属の護衛軍団長南斗五車星の1人。山のシンボルを司る。通常人のふたまわり以上大きな身体をもつ、力持ちの巨漢。親に捨てられた子供たちを集めて面倒を見る愛情深い男。かつて人命を無慈悲に奪う姿で...
南斗最後の将直属の護衛軍団長南斗五車星の1人。炎のシンボルを司り、燐を使って拳足に火をまとい攻撃する技を用いる。拳王軍の侵攻阻止と同胞ヒューイの仇討ちのためラオウへ挑む。

関連キーワード

およびその称号。南斗聖拳の正統な血統を引く者。全身に甲冑をまとって顔を隠している。その素性を知ったジュウザは即座に自らの宿命を引き受けたほか、ケンシロウとラオウのいずれが先に会うかで天下の行方が変わる...

登場作品

199X年、核戦争で人類社会は瓦解。食糧と水をめぐり強者が弱者を暴力で虐げる地獄が地上を覆った。そこへ最強の暗殺拳・北斗神拳の使い手ケンシロウが現れ、かつて恋人をさらった宿敵・シン率いるKING軍など...