南部 康雄

南部 康雄

宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)の登場人物。読みは「なんぶ やすお」。別称、南部。

登場作品
宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)
正式名称
南部 康雄
ふりがな
なんぶ やすお
別称
南部
別称
砲雷長
関連商品
Amazon 楽天

概要

21歳。階級は二等宙尉。宇宙戦艦ヤマトの砲雷撃を管制する砲雷長古代進が不在の時は代行として戦闘全般の指揮も執る。ショートカットに眼鏡をかけた優男で、ヤマトに乗り込む前から森雪に想いを寄せているが、その想いは届いてないようである。実家はヤマトの建造にも深く関わった南部重工であり、彼はその御曹司でもある。

ヘリオポーズを突破する前に行われた最後の超空間通信では、家族からお見合いを薦められていたが本人は受ける気がない。優男の風貌に似合わず性格は好戦的で、ガミラス艦隊の冥王星基地を叩くメ2号作戦では、迷わずに波動砲の使用を具申している。その際に「いいじゃないですか、星の一つや二つ」と言い放ち、周囲にたしなめられていた。

その後も敵艦隊との戦闘で波動砲の使用を具申したが、どれも弾かれている。

登場作品

宇宙戦艦ヤマト2199

西暦2199年、8年前に接触したガミラス人との宇宙戦争に敗れた地球人は、遊星爆弾が地表に降り注ぐ中、地下都市で滅亡の危機に瀕していた。そんな地球に救いの手をさしのべたのが、16万8千光年彼方にある大マ... 関連ページ:宇宙戦艦ヤマト2199

SHARE
EC
Amazon
logo