卯之吉

鼻紙写楽(漫画)の登場人物。読みは「うのきち」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鼻紙写楽(漫画)
正式名称
卯之吉
ふりがな
うのきち

総合スレッド

卯之吉(鼻紙写楽)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

元の名はちぢまつ。大雨の大洪水で両親兄弟を失くし13歳の時に五代目市川団十郎の息子の徳蔵の付き人として雇われる。わがまま放題の徳蔵に耐え難い卯之吉だったが、徳蔵の忌まわしい過去を知り、暴漢に襲われた時に命がけで徳蔵を救ったことから大きな信頼を得るようになる。

登場人物・キャラクター

五代目市川団十郎の息子であり、将来の六代目を継ぐ立場にある。呼び名は「小海老」。幼い時に少女と間違えられて誘拐され、陰部に深い傷をつけられた過去がある。父団十郎は後継ぎとして抵抗を感じているが、負けず...

登場作品

江戸時代後期、歌舞伎の世界に、武士を捨て囃子方になった綴勝十郎。親兄弟を亡くて五代目市川団十郎の息子徳蔵の付き人として奉公した卯之吉。そして上方から絵師としてやってきた伊三次こと後の東洲斎写楽。その伊...