印籠

真夜中の水戸黄門(漫画)、薬などをいれて腰に下げる、小さな携帯用の入れもの。読みは「いんろう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
真夜中の水戸黄門(漫画)
正式名称
印籠
ふりがな
いんろう

総合スレッド

印籠(真夜中の水戸黄門)の総合スレッド
2016.10.07 14:20

概要

水戸黄門が所有していたが、湖から現れた世界悪代官連合協会に所属する巨大な悪代官に奪われ、投げ捨てられたため行方不明になっている。三つ葉葵の紋所が入っているため、これを見せることにより悪代官の力を削ぐことができる。また、ふたを開けることにより幕府全軍を動かすことができる。

登場作品

弥次郎兵衛と喜多八のふたりは、「あの方」に望まれたため、渥美角之進と佐々木助三郎になっていた。湖で泳ぎ、角之進と助三郎の前に戻ってきた水戸黄門は大切な印籠を失ってしまう。そこに湖の中から巨大な悪代官が...