厚鹿文と迮鹿文

厚鹿文と迮鹿文

海神記(漫画)の登場人物。読みは「あつかやとさかや」。

登場作品
海神記(漫画)
正式名称
厚鹿文と迮鹿文
ふりがな
あつかやとさかや
関連商品
Amazon 楽天

概要

古代日本の九州地方に大きな勢力を持っていた隼人(はやと)族の兄弟。隼人族を統べる厚鹿文(あつかや)が兄で、兄弟ともに海神の宝とされる「潮満珠(しおみつたま)」と「潮干珠(しおひるたま)」を探している。隼人族には入墨の慣習があり、ともに行動する者たちはみな顔に入墨を施している。

なお兄弟は『日本書紀』に記載されている、景行天皇が征伐したとされる熊襲梟帥(くまそたける)兄弟がモデルとなっている。

登場作品

海神記

九州の南の海で起こった海底火山の噴火と、それにともなう津波が「海人(あま)」と呼ばれる人々の暮らす村を壊滅させた時、後に「海童(わたつみ)」と呼ばれるようになる謎の子供が海から現れる。津波によって故郷... 関連ページ:海神記

SHARE
EC
Amazon
logo