原口

げんしけん(漫画)の登場人物。別称、ハラグーロ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
げんしけん(漫画)
正式名称
原口
別称
ハラグーロ

総合スレッド

原口(げんしけん)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

笹原完士の2学年上の先輩で、現視研の幽霊会員。太めで恰幅が良く、つねに余裕のある笑顔を絶やさない。口調は穏やかだが発言内容は嫌味にまみれており、現視研会員だけでなく漫画研究会の面々からも嫌われている。大手同人サークルの人気作家をはじめとする幅広い人脈があり、編集者として同人誌の制作に参加。

自分勝手なやり口で売り上げのピンハネをするなど、腹黒さあふれる立ち回りをしている。

登場人物・キャラクター

大学に進学して親元を離れたのを機に、「欲望のままに生きる」ことを決意してサークル・現視研に入会。先輩たちとの秋葉原巡りや、同人誌即売会・コミック・フェスティバルへの参加などを通して、オタクの道を邁進し...

関連キーワード

『げんしけん』の舞台となる椎応大学の文化系サークル。漫画やアニメ、ライトノベル、ゲーム、同人誌など、様々なオタク文化全般を研究する。だが、その実態は会員が好き勝手に漫画やアニメを見たり、ゲームで遊んだ...

登場作品

椎応大学に入学した主人公笹原完士は、自分のようなオタクの同志が集まるサークルへの入会を希望していたが、同時に濃いオタクたちの巣窟へ足を踏み入れる決心をつけかねていた。そんな折、「アニメ研究会」などのス...