原始人類

原始人類

サーベル・タイガー(漫画)に登場する人類の祖先。読みは「げんしじんるい」。

登場作品
サーベル・タイガー(漫画)
正式名称
原始人類
ふりがな
げんしじんるい
関連商品
Amazon 楽天

概要

未来人が保護していた。彼らの遺伝子を多く残すことにより、2479年以降に発生する、生物的な滅亡状態つまり遺伝子の組み合わせの限界と、人類の退行を防ぐことが出来る。未来人原始人類のいる時代は、カタストロフィー・ポイントのA点とA'点として対応しており、この間のみ時間旅行が可能となる。

全面的なカタストロフを引き起こさない限りは、タイム・パラドックスも発生せず、何を行っても2479年までの間の歴史は変化しない。しかし未来人サーベルタイガーを攻撃した為、彼の怒りを買い、未来人共々全滅。人類の時間曲線はカタストロフを迎え、人類の繁栄の歴史は環状に閉ざされた。

登場作品

サーベル・タイガー

サーベルタイガーは、マンモスを狩っていた時、原始人類とまみえた。一時人類を退けるサーベルタイガー。そこに未来人が現れ、彼を傷つけた。未来人達は原始人類の遺伝子を少しでも多く残すことで、人類の時間曲線を... 関連ページ:サーベル・タイガー

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo