古井戸 呱子

妖怪番長(漫画)の登場人物。読みは「ふるいど ここ」。別称、妖怪使い。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
妖怪番長(漫画)
正式名称
古井戸 呱子
ふりがな
ふるいど ここ
別称
妖怪使い

総合スレッド

古井戸 呱子(妖怪番長)の総合スレッド
2016.09.18 13:03

概要

10歳。小学四年生の女の子。月日学園で育てられた特殊能力を持つ子供たちのひとり。「チーム巫鎖呱」(みさこ)の一員。妖怪使いの能力を持ち、妖怪を使役することができる。当初はワチャという妖怪を使うのみであったが、後には墓石鎖子が取り込で実体化させた妖怪を操る役目を果たすようになる。

髪の毛をアンテナにして妖怪の存在を感知することもできる。鞭で戦うこともあるが、鞭は武器でなく趣味という認識であるらしい。妖怪と戦うことに関して墓場巫子ほど積極的でなく、「死にそうだったら逃げる」気持ちでいる。

登場作品

特別な力を持つ子供が集められ密かに養育されている月日学園。その生徒である墓場巫子、墓石鎖子、古井戸狐子たちは殺人を犯す妖怪たちと戦う宿命にあった。月日学園を急襲した妖怪・烏親爺を倒したことで番長となっ...