古代大和民族体型保存会

がきデカ(漫画)に登場する集団。読みは「こだいやまとみんぞくたいけいほぞんかい」。

  • 古代大和民族体型保存会
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
がきデカ(漫画)
正式名称
古代大和民族体型保存会
ふりがな
こだいやまとみんぞくたいけいほぞんかい

総合スレッド

古代大和民族体型保存会(がきデカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

日本人成人男子の平均身長を140cm以下にすることを目的とする集団。短身、短足、胴長は日本が世界に誇れる伝統美であると主張している。会員は全員ふんどし姿で活動しており、こまわり君を「先生」と呼んでいる。こまわり君の妄想の産物と思われる。

登場人物・キャラクター

2頭身で、口の中に白菜が丸ごと入るほどほっぺが膨らんだ下膨れ顔の少年。いつも大きな制帽を被っている。動物や昆虫などの姿に瞬時に変身することができる、興奮するとタマキンが高熱を発する、動物と意思の疎通が...

登場作品

日本初の少年警察官になったというこまわり君。しかし、警察官らしいのは頭に被った制帽だけで、毎日を変態的な馬鹿騒ぎに費やしている。両親はもちろんのこと、こまわり君が通う逆向小学校の友人や先生たちも、こま...