古代 進

古代 進

宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)の主人公。読みは「こだい すすむ」。別称、古代。

登場作品
宇宙戦艦ヤマト2199(漫画)
正式名称
古代 進
ふりがな
こだい すすむ
別称
古代
別称
戦術長
関連商品
Amazon 楽天

概要

2178年7月7日生まれの20歳。階級は当初三等宙尉だったが、ヤマト乗船時に一等宙尉へと昇進。宇宙戦艦ヤマトの乗組員にして、戦闘全般を指揮する戦術長。艦内での戦闘指揮だけでなく、自身も艦載機コスモゼロを駆って戦いに出る。航海長の島大介は同期の親友。兄の古代守が冥王星沖でのメ号作戦で戦死したため、戦術長となった。

他の家族や親戚は遊星爆弾によって全員死亡している。真田志郎が最初から副長のため、艦長代理にはならない。性格は基本的に冷静沈着で、激情をみせるのはごく一部。ガミラス人が地球人と生物学的にほぼ同じと知ると、相互理解への道を積極的に進めようとする一面もある。

森雪山本玲、はてはガミラス人のメルダ・ディッツにも好意を抱かれるが、朴念仁なため女性関係は今のところ発展の兆しがない。

登場作品

宇宙戦艦ヤマト2199

西暦2199年、8年前に接触したガミラス人との宇宙戦争に敗れた地球人は、遊星爆弾が地表に降り注ぐ中、地下都市で滅亡の危機に瀕していた。そんな地球に救いの手をさしのべたのが、16万8千光年彼方にある大マ... 関連ページ:宇宙戦艦ヤマト2199

SHARE
EC
Amazon
logo