古原の母

あおいひ(漫画)の登場人物。読みは「ふるはらのはは」。古原とは親族関係にある。

  • 古原の母
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あおいひ(漫画)
正式名称
古原の母
ふりがな
ふるはらのはは

総合スレッド

古原の母(あおいひ)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

『あおいひ』の第四話に登場する人物。古原が10歳の頃に夫と離婚し、家を出ている。一年前に、実家のある大阪へと帰郷した。そのことで、帰郷した原因が自分にあるのではないかと古原を悩ませている。

登場人物・キャラクター

小説家志望の23歳。高校を卒業後、大学に通わずに一人暮らしをして小説を書いていた。しかし、家賃を滞納しアパートを追い出されてしまう。ネットカフェや夜の町を歩く中で、自分の人生を振り返り、衝動的にコンビ...

登場作品

27歳の誕生日を目前にした樫原元樹は、デビュー数年目の漫画家。初めて原作なしの漫画を連載するチャンスに恵まれるが、漫画家生活への不安から受けることをためらっていた。友人に誘われたドライブ中に、編集者に...