古屋 二太郎

古屋 二太郎

永遠の野原(漫画)の登場人物。読みは「ふるや にたろう」。古屋 一姫とは親族関係にある。

登場作品
永遠の野原(漫画)
正式名称
古屋 二太郎
ふりがな
ふるや にたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

高校生。姉の古屋一姫と2人暮らし。小さい頃に父親を亡くし、母親は再婚相手と暮らしている。みかんの飼い主。自身の身長が低いことを気にしており、石田太とは親友ではあるが、背が高く無口で男らしい石田に対してコンプレックスを抱いている。吹田市立大学の英文科に入学し、文芸サークルに入る。

田中真理子のことが好き。

関連人物・キャラクター

古屋 一姫

古屋二太郎の姉。少女向きSFホモ小説家。小説を書いているときは夢の世界へいってしまうくらい没頭するタイプ。柳良次とつきあい始めてから、一般恋愛小説の執筆も始める。だが、そのことが柳との角質を生むことにもなる。柳とはのちに結婚。

田中 真理子

お嬢様校の聖メアリー女学院付属に通う。飼い犬ゴンの話題をきっかけに二太郎と仲良くなる。髪が長く、清楚な風貌だが、ハードなロックバンドが好き。長い髪が原因で二太郎との生まれて初めてのデートが台無しに。そ... 関連ページ:田中 真理子

石田 太

古屋二太郎の同級生。無口で長身のハンサムで野沢ひとみや田中真理子に惚れられるが、恋愛には一切興味がない。二太郎は唯一の友人と言っていい存在で、非常に大切にしている。成績は優秀だったが、祖父に憧れて調理... 関連ページ:石田 太

登場作品

永遠の野原

小柄であることにコンプレックスを抱いている高校2年生、古屋二太郎の苦悩と恋模様を描く。第15回講談社漫画賞受賞。 関連ページ:永遠の野原

SHARE
EC
Amazon
logo