史村 良

大ぼら一代(漫画)の登場人物。読みは「ふみむら りょう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
大ぼら一代(漫画)
正式名称
史村 良
ふりがな
ふみむら りょう

総合スレッド

史村 良(大ぼら一代)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

間源太郎の考えに共鳴し、大ぼら同盟の一員となった人物。大蔵省の大物役人を父に持ち、自身も東大法学部を出て大蔵省に入省する予定だった。東京の日比谷高校で首席を維持していた秀才だが、大ぼら同盟実現のため王峰学園に転向してきた。

登場人物・キャラクター

丹波太郎字の盟友。小学生にして大ぼら同盟を構想した天才児。自称IQ300。身のこなしが軽く、腕っぷしも強い。戦車を動員して中学生の不良グループをたたきのめした太郎字の評判を聞き、子分にしようと上山村へ...

関連キーワード

『大ぼら一代』に登場する組織。IQ300を自称する小学生・間源太郎によって構想された集団。20年後に日本を動かすことを目的に結成された。間源太郎はまず丹波太郎字を仲間に誘い入れ、その後、将来の大蔵省官...

登場作品

資産20兆円の岡山の大富豪のめかけの子として生まれた丹波太郎字。小学生の頃から並外れた度量を持つ太郎字は、盟友の間源太郎とともに将来の日本を動かす集団大ぼら同盟を結成する。一方で太郎字の父親・丹波三郎...