史進

史進

水滸伝(漫画)の登場人物。読みは「ししん」。別称、九紋龍史進。

登場作品
水滸伝(漫画)
正式名称
史進
ふりがな
ししん
別称
九紋龍史進
関連商品
Amazon 楽天

概要

横山『水滸伝』に最初に出てくる好漢。高きゅうの追手から逃げた禁軍師範の王進が、宿を借りた庄屋の息子で、棒術を自慢していたが王進と戦って負け、以後、半年にわたって王進の指導を受ける。その後、山賊と戦って家を失い旅に出て、憲兵だった魯達(後の魯智深)と知り合う。

話はそこで他方に流れ、史進が次に登場するのは、後半になって呼延灼が青州で山賊と闘うときである。この時点で史進は、魯智深と一緒に山賊をやっていた。政府軍と闘う際、梁山泊軍が加勢にきてくれ、その縁で梁山泊に入る。体中に9つの竜の刺青があることから、九紋龍史進と呼ばれる。

関連キーワード

梁山泊

中国東部にある(現在の山東省済寧市)、沼地と水路に守られた天然の要塞である。近くに梁山という山があったため梁山泊という名になった。ピーク時は百八人の頭領と三万の兵力を抱えていた。 関連ページ:梁山泊

登場作品

水滸伝

中国北宋末期の徽宗皇帝の時代、悪徳役人や不正だらけの世の中で、武力と義侠心に富んだ者たちが、私欲を満たそうとする悪徳官吏や富裕者の理不尽な行いのせいで、アウトローの世界に向かわねばならなくなる。このよ... 関連ページ:水滸伝

SHARE
EC
Amazon
logo