右代宮 秀吉

右代宮 秀吉

うみねこのなく頃に(テレビアニメ)の登場人物。読みは「うしろみや ひでよし」。右代宮 絵羽、右代宮 譲治とは親族関係にある。

登場作品
うみねこのなく頃に(テレビアニメ)
正式名称
右代宮 秀吉
ふりがな
うしろみや ひでよし
関連商品
Amazon 楽天

概要

右代宮絵羽の夫で右代宮譲治の父親。天涯孤独で裸一貫の身から事業を成功させて財を成した苦労人。かつての金蔵に非常に気に入られていたこともあり、右代宮家長女の絵羽と結婚し婿養子として右代宮家の一員となった。

右代宮家の人々を己の家族として深く愛しており、甥や姪たちからも好かれている。事業におけるキャラ作りのために関西弁に独自のオリジナル要素を加えたヘンな言葉を使う。中堅の外食チェーン運営会社の経営者。

関連人物・キャラクター

右代宮 絵羽

右代宮金蔵の第二子で、右代宮家の長女。右代宮秀吉の妻で右代宮譲治の母親。成人する息子を持つ程の年齢だが、少女のような一面も持つチャーミングな女性。子供の頃に兄である右代宮蔵臼にいじめられていたことが未だに遺恨として残っており、自分の息子を当主跡継ぎとして兄の鼻を明かしたいと願っている。

右代宮 譲治

右代宮絵羽と右代宮秀吉の息子。真面目に企業への道を目指して努力している好青年。焼け野原から成り上がった父親を尊敬し、自身も父のように一から挑戦したいと思っているため、当主を継ぐ事への関心は無い。

登場作品

うみねこのなく頃に

莫大な資産を溜め込んだ余命幾ばくもない老当主のもとに、財産目当てで集まった親族18人に襲いかかる「六軒島大量殺人事件」を追う。『ひぐらしのなく頃に』で有名になった同人サークル「07th Expansi... 関連ページ:うみねこのなく頃に

SHARE
EC
Amazon
logo