右馬介

右馬介

私本太平記(漫画)の登場人物。読みは「うまのすけ」。

登場作品
私本太平記(漫画)
正式名称
右馬介
ふりがな
うまのすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

足利家の家臣。足利高氏(後の足利尊氏)が幼い頃から仕えてきた。後醍醐天皇が鎌倉幕府へ謀反の狼煙を上げるという情報をいち早く掴み、風雲急を告げる天下の状況を予見する。足利高氏の天下獲りを支援すべく、潜伏し情報収集にあたる。

登場作品

私本太平記

元亨2年(1322)年。時の鎌倉幕府執権・北条高時は暗愚と言われたが、とりあえず天下は泰平だった。しかし京では後醍醐天皇一派が実権を武士から奪い戻そうと蠢きはじめていた。足利家の嫡男・高氏(後の足利尊... 関連ページ:私本太平記

SHARE
EC
Amazon
logo