• BIOMEGA (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 合成人間

合成人間

合成人間

BIOMEGA(漫画)の用語。読みは「ごうせいにんげん」。

登場作品
BIOMEGA(漫画)
正式名称
合成人間
ふりがな
ごうせいにんげん
関連商品
Amazon 楽天

概要

人工的に生み出される人造人間のこと。庚造一を始めとする東亜重工製の合成人間は、非常に強靭な肉体と怪力を備え、特別なことがなければ僅かな水分補給だけでも5年間の生存が可能な持久力を持つ。さらにN5Sウイルスにも感染しない。ただ、合成人間の肉体自体は短期間でも完成可能なのに対し、精神は人間と同じ成長過程がなければ役に立たない。

そのため、造一たちは実時間の1年を50年以上の歳月に相当させる仮想空間システム、「識臣(しきおみ)」の内部で育てられていた。その空間内で彼らの母親役となっていたのは、主任研究員だった黒川真村博士の娘でもある。

登場作品

BIOMEGA

かつて大規模なデータテロにより全世界のデジタル記録が消失し、文明が衰えていく中、そのデータの復旧事業を行う財団「DRF」が世界を牛耳るようになった未来の地球。西暦3005年、DRFは人類にとって7世紀... 関連ページ:BIOMEGA

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
BIOMEGA
logo