合成獣

合成獣

鋼の錬金術師(漫画)に登場する、人工的に作られた生き物。

登場作品
鋼の錬金術師(漫画)
正式名称
合成獣
ふりがな
きめら
関連商品
Amazon 楽天

概要

別の種類の生き物を錬金術で融合させ、1つの生き物として再構成したもの。人間と動物の合成獣も存在し、成功した場合、人間の思考力と動物の身体能力を併せ持った強力な生き物ができるが、失敗した場合は人語をしゃべることも歩くことも出来ない醜い生き物となってしまう。作中では、道徳的観点から人と動物の合成獣の作成は禁止されているはずだが、実際には何体もの合成獣が登場する。

登場作品

鋼の錬金術師

世界観舞台となる国、アメストリスは人口約5000万人の国家で、首都機能を持つセントラルを中心に、東西南北の各エリアから成っている。地域ごとに気候や風景、生活様式などが異なるのが特徴。各エリアは汽車で結... 関連ページ:鋼の錬金術師

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
鋼の錬金術師
logo