吉備海部羽嶋

吉備海部羽嶋

日出処の天子(漫画)の登場人物。別称、きびのあまのはじま。

登場作品
日出処の天子(漫画)
正式名称
吉備海部羽嶋
別称
きびのあまのはじま
関連商品
Amazon 楽天

概要

蘇我毛人と親しい豪族の武人。百済に渡り、百済王を説得して高僧日羅淡水を帯同して帰国した。武人としても非常に腕が立つ人物。淡水彦人王子の舎人となった後も、一緒に盗賊狩りなどの警備を行うなどしている。実在の人物吉備海部羽嶋をモチーフとしたキャラクター。

関連人物・キャラクター

淡水

新羅との外渉にあたった難波吉士氏の遠戚にあたる日系新羅人の青年。新羅の王族や貴族で作られた組織花郎の一員。厩戸を弥勒菩薩の生まれ変わりである弥勒仙花と信じ、崇拝を捧げる。吉備海部羽嶋の伝手を頼って彦人... 関連ページ:淡水

蘇我毛人

朝廷一の財力を持つ大臣蘇我馬子の跡取り息子。実直で純朴、真面目な性格。色恋には鈍感。14歳の時、池で水浴びをしている厩戸王子と出会う。その時は厩戸を女性と勘違いし、恋に近い思いを抱く。その後朝参で厩戸... 関連ページ:蘇我毛人

登場作品

日出処の天子

敏達12年(西暦583年)、朝廷第一財力を持つ大臣蘇我馬子の長子蘇我毛人は、池で水浴びをする少女と出会う。それは少女と見まごうほどの美貌を持った厩戸王子だった。厩戸の持つ不思議な力を恐れつつも、彼に惹... 関連ページ:日出処の天子

SHARE
EC
Amazon
logo